もしかしたら、やぎぺーさんと同じミニストップでクビになったかもしれないブログ


夏は寝つきが悪くなる季節と言われるが、僕はいま別の理由で寝付きがとても悪い。

それはある疑惑のせいで寝付けないのだ!!

その疑惑とは、もしかしたら僕は八木仁平さんと同じミニストップでクビになったかもしれないということだ。

八木仁平さんとはご存じブログカレッジの代表をつとめている、界隈では有名なブロガーである。

ではなぜそう思うに至ったか?  その背景とは”やぎろぐ“のプロフィールを読んでいた時のことだ。

早稲田大学に入るも、周りの学生と同じようにサークルに行って酒を飲むだけの堕落した日々を過ごす。

さらに大学1年の時にミニストップのバイトを2ヶ月でクビになる。

〜ヤギログ・プロフィールからの抜粋〜

やぎぺーさんは早稲田大学出身で、ミニストップでアルバイトをされている経歴がある。実は僕も同門で在学中にミニストップでアルバイトを3ヶ月の間だけしていた。

なぜ3ヶ月という短い期間かというとそう、クビになったのである。今となっては当時からするとあり得ないほどきちんとした社会的な責任を身につけ、日々働いている。しかし、学生の頃は明らかな社会不適合者であり、アルバイトを始めるも中々続かなかったのだ。

そして、やぎぺーさんの状況から察するに思いつくミニストップが1つだけあった。もし仮に同じミニストップで働いていたと仮定しよう。

1993年生まれのやぎぺーさんが大一の頃にクビになったことから計算すると、僕はちょうどその1年前ぐらいにクビになっている。つまり、クビのハードルを下げてしまったのではないかと申し訳なさを感じるほどに妄想が止まらない。そして勝手に親近感すら抱いている。

いまでは同じミニストップをクビになった身同士なのに天と地ほどの身分の差があるが…

というわけで、今となっては確認する術がないものの、いつかお会いできる機会があれば会ってみたいものだ…

と思ったらTwitterで反応を頂いた!!!

最後に

僕はミニストップのファストフードとアイスクリームが大好きでミニストップのアルバイトに応募した。いまでもミニストップのファンである。

クビになったのは完全に自己責任であり、ミニストップの社員には本当に良くしてもらったことを最後に添えておこうと思う。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です