12記事、審査半日でGoogle AdSense通った!ので気をつけた点を公開しちゃいます


 

  • Google AdSenseに通らない
  • もう審査に1か月かかっているのに連絡こない

こんな声をよく聞きます。

 

Google AdSenseとは・・・

「Google AdSense」(グーグルアドセンス)とは、自分(自社)のWebサイトに広告を掲載することで収益を得ることができる、Googleが提供するサイト運営者向けの広告配信サービスです。

聞いた話では、10回申し込んでようやく通った人もいれば、80記事書いて通ったという人もいました。

Google AdSenseの審査基準は非公開で、一説では20~30記事書くと良いなど色々な説が流れており情報は錯そうしております。

もうそこまで言われたら怖すぎるだろ

Googleアドセンスの審査はどこのダンジョンの中ボス戦だよという気持ちになってビビりまくっていた。
その中で、ぼくは12記事のストックで、半日という短い期間でGoogle AdSenseの審査に通りました!

たぶん正解はないです。・・・が少ない記事数で通った経験から少しでも役に立てるように、気を付けた2つのことをシェアします。

最速でGoogle AdSenseを通した際に気をつけた2つのこと

①読者視点を意識する。

読者を意識したブログを書く読者のユーザビリティを向上するにあたって、以下の5つのポイントに気をつけて構成した。

  • SEO対策で大事なとこ 読者の悩みや疑問を解決しているか?(情報量)
  • 丁寧に解決していますか?(質)
  • 1秒でも早く解決しています?(スピード)
  • 文章は読みやすいですか?(構成)
  • ブログは読みやすいですか?(デザイン)

 

読者視点でのライティング方法は、以下の記事にて全ての情報を掲載しましたのでご参考ください。

▼SEOライティングまとめはコチラから

【合宿レポ③】プロ無職・るってぃに学ぶ、たった1つのSEO対策

②過激な表現は極力避ける

なかには「?」なルールもありますが基本的に以下のものは避けましょう。

  • アダルト関連
  • 著作権侵害コンテンツ
  • ギャンブル関連情報
  • ビールの紹介、タバコの販売
  • Youtube動画ダウンロード方法
  • 処方箋など(市販薬はOK)
  • 花火やエアーガンなどの掲載
  • 過度なキーワード反復

 

細かく一つ一つ覚えるよりも、要は過激そうなものはNGと覚えておきましょう。

ちなみに僕は書きがちなエロ表現に最大限気をつけました。笑

総括

ということで、まだまだGoogle AdSenseに通っただけですが、勝手にブロガーの登竜門と設定してたぼくにとってはとても嬉しかった!

一般のブロガーとしては小さな一歩ですが、僕にとっては大きな一歩です。

ということで、爆速で成長していきますので「ゆとりぼっち」(@Ste_1C)を引き続きよろしくお願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です