1年間ブログをサボり続けたぼくが、10日連続で記事を更新した方法とその理由


ブログ書くのってマジで面倒くさいですよね。

ブログで稼いでいる人の記事を見ると、SEOを意識するだとか、リサーチして競合と差別化しなければいけないだとか、文字数は何千文字以上が良いだとか、様々なことをいってたりします。

そうこう見ているうちに、知識がついて「何となくわかった気になる」ものの、これだと大したネタにならないよなあだとか、いつしかブログを書くことのハードルを自ら上げてしまい、放棄してしまいます

僕も1年前にブログを開設したのですが、月に1、2本とパラパラと書いては止め、書いては止めの連続で全く筆が進みません。

一方で、同じ時期にまじめに更新し続けた同期は月に10万を超える人が続出。ライバルが成長する傍ら、あの頃のブログへの希望は、いつしか自分への失望へと様変わりしてしまいます。

しかし、月1000蔓延稼ぐ鈴さんのブログの1文に刺激を受けて、また改めてブログ書いてみよう…!って思いました。

結果、昔のぼくではありえない10日間連続で、記事更新しました。

そんなぼくができるだけ長く続くように、記事を作るるときに実際にやった方法をご紹介したいと思います。

ブログを書くことへの心のハードルをとにかく下げてもらって、「またブログ書いてみよう…!」って思ってもらえたらめちゃくちゃ嬉しいです。

ブログ更新を続けるための10の秘訣

まずは7日間分書くものをスケジューリングしておく

毎日、ブログ公開日当日に「今日は何かこっかなー」と考える作業は非効率です。

意外と何書こうか決めることって、ものすごい頭を使う大変な作業です。今日たまたま書くことを思いついたとしても、明日はすぐに思いつくかはわかりません。

せっかく書く気になったのに、書くものがわからずすぐに取りかかれないのはとてもストレスです。

また、スケジューリングする際のポイントとしては、ブログを書けなそうな日をあらかじめ予測することです。例えば、出張で一日中仕事と接待で、ブログを書けない日というのは確実にあります。

その場合は、前日までにある程度多めに準備するとよいです。毎日が同じように進めば良いのですが、ブログを書けなそうなリスクは事前に把握して、取り除きましょう。

TTP(徹底的にパクる)する。特にテーマ

まとまった時間を確保して、ネタを洗い出そうとしても意外とネタは出てきませんよね…?
しかもどれぐらいのネタなら書くに値するかなどの温度感もわからない。

もし、何も思いつかないようであれば、他の人のブログからテーマをパクりましょう。

もちろん、文書をまるまるコピーすることは犯罪です。パクるべきはブログのテーマ、オリジナリティを加えれば、構成も参考にして良いでしょう。

ブログを書くという行為以外ののことで頭を使う時間を減らすのです。

デザインを気にしない

ひとたびブログを書きはじめると、楽しくなってきて、文章以外のデザインに凝りはじめる現象に陥ります。

ただ、一度デザインに凝りすぎてしまうと、次回以降の記事のデザインも同水準のクオリティを(誰からも求められてないのに)こだわってしまい、時間を大幅にとられてしまいます。

まずはデザイン最低限で大丈夫です。最低限のデザインで稼いでいる人がたくさんいます。

文字数を気にしない

記事は最低5000文字とか、自分ルールを作るのは良いと思います。しかし、ルールに縛られて更新が止まるようであれば、一度ルールを変えてみましょう。

1000文字でも2000文字でも、自分の伝えたいこと、読者が知りたそうなことを書ききれれば公開するのが吉です。

ペースメーカーを見つける

ペースメーカーは大事な存在です。あの人ががんばってるから自分も頑張ってみようって刺激をもらえるからです。

ただ、イケハヤさんとか自分からあまりにも離れすぎている人をペースメーカーにしてしまうと劣等感を感じるだけなので、まずは、自分と同じようなバックグラウンドで、実力は1ステージ2ステージ上ぐらいの方を参考にしましょう。1人2人とかでいいと思います。

参考にする人が多ければ、時間もそれだけ取られます。また、他の人の記事を大量に見てるとなんとなく満足した感じになります。

Twitterをうまく使う

ブログには自分のツイートを貼れます。(この記事でも張ってますね。)

普段、何気なく呟いた役立ち情報は、そのまま記事の要素として使えます。極論、ツイート中心の記事、あるいはツイートだけの記事でも、伝えたいことが伝わるのであれば、ありです。

例えば、反応が良いツイートを取り上げて記事ネタにしてしまうというのもありですね。

更新は0時を目標にする

記事の更新は、公開日の最速の時間に合わせるのがよいです。つまり、0時です。

公開時間をバラバラにしてしまうと、記事を書くペースがつかめないこと。記事以外の急なトラブル対応に迫られて、ブログが更新できなかった、なんてことも発生します。

早起きのため、前日に寝る時間が早い方、朝渋の方は朝起きて、更新ボタンを押したら公開できる状態にしてから寝ましゃう。

とりあえず3日間と達成できそうな目標を刻む

いきなり、100日連続更新するって大きすぎる目標を立てるのはやめましょう。そのためには準備が必要だな…とか、また書く前の心理的ハードルだけが高くなります。

そして達成できないと、また約束を守れなかった自分に対して自己嫌悪に陥ってしまいます。

ブログを続けられない人はブログを書くこと以外のことを考えるのはやめましょう。まずは達成できる目標を設定して、クリアします。

3日程度であれば、サラリーマンでも平日+土日を使えば無理ない範囲で記事を書けます。

1日ぐらいならいいやをいったんやめる

3日書いてみようと思い立ったら、「明日書けばいいや」という精神を捨てましょう。

1日かかないと、2日書きません。2日書かないと、3日書きません。3日連続更新の裏で、密かに3日連続不更新が習慣付いてしまいます。

とりあえずブログを続けることに意味はないという人もいるかもしれません。

書いたらSNSで報告しよう

ブログ書いた程度で報告するのが恥ずかしいとか、低クオリティだから恥ずかしいとか色々考えちゃいますよね。

でも、記事を10日連続で更新したことがある人はほぼいないと思ってます。つまり、ブログを10日続けるだけで、全ブロガーなかの多分1/100ぐらいすごいことなので、SNSで報告していいのです!!

まとめ

  • ブログのでネタを最低7日先までスケジューリングする
  • ネタ出しは他人をパクろう
  • デザインを気にしない
  • 文字数も気にしない
  • ペースメーカーを見つける
  • Twitterをうまく使う
  • 毎日の記事更新は0時を目指す
  • とりあえず3日連続で記事をあげてみる
  • 1日ぐらいサボろう精神をやめる
  • 記事を書いたらSNSで報告する

 

ほんの一例ですが、1年という長い期間サボリ続けた男の心のハードルを極限まで下げさせたのが、この記事で書いた方法です。

人それぞれスタイルがあると思うのですが、色々試しながらやればよいのではないでしょうか。

この記事を書いた人

名前:まんちゃ(@Ste_1C

ライター兼カメラマン。初めての写真撮影にお手頃、1枚目のカメラマン。

個人ブログ「ハイパ→フリー」運営中!

撮影依頼はTwitterのDMからお待ちしています。撮影方法の役立ち情報もシェアしています♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です