インスタミートに初参加!雰囲気は?一人でも大丈夫?体験レポート


ケンタソーヤングさん主催の150名参加したインスタミート「テーマ:マフラーミート」に参加してきました。普段はTwitterが主戦場なので、自身初のInstagramのオフ会です。

そもそもインスタミートとは?

インスタミートとは、instagramersJapanが主催する写真を撮るのが好きな人のための撮影オフ会とのこと。

instagramersJapan(IGersJP)はinstagramers.com公認のInstagramユーザーグループです。多分日本最大最古です。そして多分日本最大です。(公式ホームページより引用)。

転じて、いまではインスタグラムのオフ会を指します。

インスタミートは1人参加も大丈夫?

参加方法はインスタから管理者へひと言参加の意思を伝えるだけの簡単なものでした。

今回の会場はディスニーランドの隣、葛西臨海公園。当然、誰も誘わずに行ったのですがあろうことか軽く遅刻したせいで、自己紹介に間に合わず…!

話すきっかけを失うので、遅刻はしないほうが良いです。

参加者は、1人で参加の人も多く、初参加の人がほとんどでした。ただ、やはり女性は2人組でくる方が多い印象でしたね。男女比は8:2男性が多め。

インスタミートの雰囲気は?

男性はカメラガチ勢。女性はカメラマンとモデルさんの2タイプおりました。界隈で有名な美人インスタグラマーがいたり、ミスSNSに出場するモデルさんがいたりと、普段知り合えないような可愛い方が多かったですね。

ただ、カメラという共通の趣味を通して集まったメンバーなので、物腰柔らかで話しやすかった印象でしたね。

いざ、葛西臨海公園内の撮影地へ

僕がグループ分けされたチームは、参加メンバーは大学生〜20代社会人が中心でした。参加方法がインスタ入口だけあって若い!

「ぜったい朝ドラ出てた」と言われ続けた純朴な大学生。

今回のテーマ・マフラーをベストに体現した赤マフラーの女性。赤マフラーはカメラマンの大好物です。

インスタミートで撮影のスキルアップ!

インスタミートに行くと撮影スキルが上がります。普段、撮影しているとなかなか他の人がどう撮影しているのか見る機会がないのですが、インスタミートではどういう撮影テクニックを使っているかを生で見ることができます。

例えば、水面を反射させたリフレクションはとても「インスタ的」。僕は普段取らないのですが初めて撮影してみました!

また、他のカメラマンがモデルさんに対してどう声かけして、どう撮影しているか。とても見応えがありました。

インスタミートに参加した感想は満足!

インスタミート初参加でしたがとてもよかったです。確かに、知らない人がたくさんいて気疲れするし、コミュ症を発揮すると終わります。

ただ、少し勇気を出せば共通の趣味を持っている人たちばかりなので、インスタの交換も簡単にできとても知り合いが増えました!

いつかは開催する側になります。

この記事を書いた人

名前:まんちゃ(@Ste_1C

ライター兼カメラマン。初めての写真撮影にお手頃、1枚目のカメラマン。

個人ブログ「ハイパ→フリー」運営中!

撮影依頼はTwitterのDMからお待ちしています。撮影方法の役立ち情報もシェアしています♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です