【カメラ比較】iPhone8/8Plus/X/XSのカメラ機能を日本一分かりやすく解説する


日本人の多数が使っているiPhone。

iPhoneのカメラ機能って、機種によって全然違うことを知ってましたか?

よく見る細かいスペック比較表だとわかりにく過ぎますよね?

カメラマンの僕がポイントだけをおさえて、分かりやすく解説いたします。

さらに、iPhone8以降の機種を持っていなくても、それ以前の機種の方でも一眼レフ並みの写真を撮れるようなTIPSもご紹介いたします。

iPhone8と8Plusのカメラ性能は全然違う?

どっちもiPhone8シリーズなのに、カメラ性能全然違うのかと思うかもしれません。

iPhone8と8Plusの違いは、大きさだけだと思われがちですが、実はカメラ機能が全然違うんです

iPhone8 Plusは「デュアルカメラ」という規格を採用していて、iPhone8はカメラが1つなのに対し、iPhone8 Plusは通常のカメラに加えて、もう1つカメラをつけて、二眼レンズです。

超シンプルにいうと、レンズが1個ついているか、2個ついているかの差です。

二眼にするとどういう良いことがあるというと、まるで一眼レフのようなボケを作れたりすると言われています。でも、個人的には一眼レフ並みはさすがに言いすぎですね…笑

さらに、2倍までズームをしても画質が粗くならず、遠くの写真も綺麗に撮ることができます。写真にこだわって撮影したいという人は、iPhone8ではなく、8Plusを選びましょう。

iPhone 8 PlusとiPhone Xの違いは?

iPhone8PlusとiPhone Xのカメラ機能の差はちょっと微妙…

数字的にはX(テン)の方が先行ってるような感じはするけど、時期的にはどちらも2017年モデルで同期。どちらもポートレートモード(ボケやすいモード)対応の二眼カメラです。

ただ、強いて言うなら、iPhone Xの方がF値2.4と光を吸収する量が多いので、夜景など暗い場所の撮影だとiPhone Xがちょこっと有利になります。あと、iPhoneXの方がちょこっと手ブレしづらい。

まとめると、iPhoneXの方が、ズーム撮影、夜間撮影に強くなっていると言ってもいいでしょう。

iPhone XS/ XS MAXとiPhone Xの写真性能の違いは?

iPhoneXSシリーズはiPhoneXからの正統進化です。その違いは何でしょう?

違いは「深度コントロールが使えるポートレートモード」でしょう。なんと撮影した後でもボケ感(被写界深度)をコントロールできると言う優れもの!

さらに、新しいA12 Bionicチップによる処理能力が大きく向上して、暗いところでもさらに綺麗に撮れる進化をしています。

iPhone7以前のiPhoneユーザーに朗報!

ここまでの説明を見た人のなかには、羨ましいなあと思った人もいるかもしれません。iPhone7以前の人も悔しがることなかれ。実は、最新のiPhoneを買わなくても同じクオリティの良い写真を撮れる方法があるのです。

それはこちらの記事にまとめておりますので、気になる方は読んでみてください。写真はスマホのスペックだけで決まるわけではないことが分かると思います。

【1分で】スマホ撮影が劇的に変わるテクニック公開(画像あり)

 

この記事を書いた人

名前:まんちゃ(@Ste_1C

ライター兼カメラマン。初めての写真撮影にお手頃、1枚目のカメラマン。

個人ブログ「ハイパ→フリー」運営中!

撮影依頼はTwitterのDMからお待ちしています。撮影方法の役立ち情報もシェアしています♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です