ネクタイの必要性が分からない。のなぜ



はい、まんちゃ(@Ste_1C)です。

いきなりですが、社会人になって数年。いまだに何のために存在しているか分からないマナーがあります。

それはネクタイです。

これってまじで何のためにあるんでしょうか?

よく「ネクタイを締めると身が引き締まるんだよね」という方がいますが、

ネクタイを締めても、締まるのは首だけだというのが僕の持論です。

ということでネクタイがあるとどれだけ不便かについて5つ挙げたいと思います。

①シンプルに首が締まる

ネクタイって何のために存在しているんでしょうか。(二度目)

ネクタイを巻くと物理的に首が締まります。首が締まると呼吸がしにくくなります。呼吸がしにくくなると仕事がはかどらなくなります。仕事がはかどらなくなるといけないので、サラリーマンはネクタイは緩めて仕事をします

どうせ緩めるなら、最初からつけなきゃいいじゃんなんて思うわけです。

②手を洗うときに水に濡れて邪魔

皆さん、トイレはいきますよね? トイレが終わったら手を洗いますよね?

そして、手を洗うついでに軽く顔を洗いたくなるときとかありますよね。

顔を洗う際に手洗い場に向かってかがむとネクタイが宙ぶらりんになるわけですよ。

そうすると、気が付いたらネクタイがズブ濡れに・・・、そして濡れたネクタイがグショグショで冷たいなんて経験はありませんか?

なんか人間って濡れるとなんだかテンション下がります

この解決方法としては、手を洗う前に一旦ネクタイを後ろに回してから洗えばよいのですが、そのひと手間が結構面倒だったりするのです。

③女の子と喧嘩すると真っ先に掴まれてマウントをとられる

時には、女の子と言い争いになって喧嘩することはありますよね?

男たるもの、喧嘩したからといって女の子に手をあげては絶対にいけません。

しかし、女の子は男に手を挙げてOKです

ということで、ネクタイを巻いたまま喧嘩すると女の子につかみやすいネクタイつかまれて一瞬にしてマウントをとられます

状況によってはネクタイをつかまれたまま殴られるのでクロスカウンター的な相乗効果のあるパンチと痛みが襲い掛かってきます。

女の子とけんかしそうだな・・・という雰囲気になったら、真っ先にネクタイを外し、かつ下半身をガードしましょう。

④飲み会で頭に巻かざるを得なくなる

日本人ってなんでネクタイ頭に巻くのが好きなんでしょうね。

サラリーマンといえば、「頭にネクタイ、片手にお酒」という固定観念が強いため、現代でも飲み会では巻いたりしてます。これ、誰が考えたんでしょうか・・・?

ちなみにぼくは昨日巻きました。

⑤結び方が絶望的にたくさんある

この世の中で一番かかわってはいけないこと、それはマナーです。

結婚式、食事、服装しかり、マナーが絡むと何事も一気につまらなくなります。

もちろん、ネクタイにもTPOに応じた結び方がたくさんあります。

  • プレーンノット
  • ウィンザーノット
  • セミウィンザーノット
  • ダブルノット

ちなみに高校時代、私服が許されていたまんちゃは、制服のある高校のようにネクタイを巻く習慣がなく、社会人になるまでネクタイが結べませんでした。

高校時代、コンタクトをつけ慣れていなくて、毎朝40分かけて装着していたことを思い出しました。

まとめ

というわけで、ネクタイの存在意義について好き放題語ってみましたが、こんな記事をネクタイ協会なるものがあって見られたら確実に消されますね。

 

おっと誰か来たようだ・・・



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です