【PayPay】クレカは必要?口座は?QR決済でフルサイズ一眼を買ってみた


100億円あげちゃうキャンペーンというパワーワードのもと始まったのが平成最後の「ポイントバラマキ」祭り。

なんと「PayPay(ペイペイ)」を使うと、購入額の20%が戻ってくるうえに、40人に1人は最大10万円ポイント還元があたる神マツリでした。(しかも条件を満たせば10人に1人の割合)。

ちなみに、PayPay(ペイペイ)はヤフーのQR決済サービスのことでスマホ1つあれば買い物ができてしまう次世代の決済プラットフォームです。

ぼくは前々からフルサイズ一眼レフカメラの2台目として狙ってた、Canon 6D Mark2というモデルがあったのですが、結論から言うと、今回のキャンペーンで約40%の還元率で家電を購入できました。

ただ、Pay Payとか急にいわれても、クレジットカードないと使えないんでしょ?とか、対象の口座がない場合はどうすれば良いの?とか疑問が湧きますよね。

そんな「なんだか難しそう。」を払拭するためにITリテラシー0のぼくが実際に購入体験してみました。

PayPayアプリをダウンロードして、登録するだけ。

まずはじめにやることはアプリのインストール、そして、支払い方法の選択(チャージ)の2つです。

支払いするためにはは、まずチャージが必要です。

チャージ方法には3つあって、銀行口座からのチャージ、yahooマネーのチャージ、クレジットカードの登録の3つです。

銀行口座はyahoo iDに紐付ける必要があるうえに、12月4日現在は三菱UFJからのチャージは受け付けていないことから、ぼくはクレジットカードの登録をしました。

一方でクレジットカードを持っていなくても、銀行口座を紐づけることでチャージができるので、もはや現金を使うメリットが見当たらないレベルです。

PayPayをビックカメラで実際に使ってみた

池袋のビックカメラには20時ごろに到着しましたが、店員さんによると17時を皮切りに人が途絶えなかったとのこと。

所狭しと置いてあるカメラのなかからお目当てのものを発見。店員さんをつかまえてカメラ値切って、スマホを取り出して、「いざ、決済」。

購入が完了するとすぐに付与ポイントが画面上に出てきて、当選した方は10万円ポイントが表示されます。もちろん、外れても20%の還元率だから恐ろしい…。さらにPayPayだけでなく、ビックポイントも付いてくるのでさらに18%上乗せ。クレジットカードの二重取りもできるので、もう1%。

期限は2019年3月31日とありますが、今週で終了する勢いです。100億円なくなるまでのキャンペーンなので、初日を逃した方は急いだ方が良いのでは?

対象店舗は?上限額は? 各種条件まとめ

とはいえ、キャンペーンには制限もあります。まずは対象店舗。PayPay  が導入されていないお店はもちろん決済ができないのでキャンペーン対象外。対象店舗はこちらから確認できます。ビックカメラ、ヤマダ電機やファミリーマートなど有名どころも対象です。

また、20%還元の上限額は1人5万円まで。(25万円分の買い物相当) それ以上は還元の対象にならないので注意です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です