「Pinterestカメラ」がすごい!意外と知らないピンタレストの意外な機能とは?


全世界のクリエイターにとって、今では無くてはならない「Pinterest」

Pinterestといえば、ピンボード風の写真共有メディアで、探したい画像がすぐにみつかる便利なツールです。

当日ブログのハイパーフリーでも色々な記事で紹介させてもらってるんですが、実はPinterestにはまだまだ知られていない便利な機能があります。

今回はPinterestの有名マーケターからセミナーを聞いたので、それをレポートしたいと思います。

Pinterestを1分でおさらい

まず知らない方向けに説明すると、Pinterestは自分の好きな写真を「ピン」して、ホームフィードに画像を集められるツールです。

ホームフィードに画像を集めていくうちに、自分でも気づかなかった「好み」が分かり、新たな自分に気づくことができます。

さらに、クリエイター御用達として知られる理由がアイディアがすぐに見つかる「アイディアの宝石箱」

1750億枚以上の写真のなかからアイディアのヒントが必ず見つかります。まんちゃは撮影前のイメージ作りで必ずPinterestをチェックします。

意外と知らないPinterestカメラ?

さて、実はPinterestにはアイディアを集める意外にも便利な機能があります。それが「Pinterest」カメラ

これは、Pinterestのカメラでモノを撮影すると、それが「何の商品か」「関連する商品」が見つかるという優れものです。

ホーム画面を開いて右上のカメラマークをタップすると、「Pinterestカメラ」が起動します。

カメラが起動したら、調べたいモノを撮影すると、関連商品が表示されます。今回はふざけてマーケターの方を撮影しましたが、この場合は足元のイスが読み取られ、関連する家具が表示されました。

もちろんモノだけでなく、例えばこの方を寄りで撮影すると、ドレッドヘアの参考画像なんかも表示されます。

ビジネスシーンでもPinterestが取り入れられていて、例えば素敵な家具を読み込んだら、家具の提案までしてくれます。

ということで、Pinterestのユーザーもこれから使う方もぜひ「Pinterestカメラ」を使ってみてください!

ちなみに、今回のセミナーはオンラインサロン「朝渋」のイベントからのご提供でした。

この記事を書いた人

名前:まんちゃ(@Ste_1C

ライター兼カメラマン。初めての写真撮影にお手頃、1枚目のカメラマン。

個人ブログ「ハイパ→フリー」運営中!

撮影依頼はTwitterのDMからお待ちしています。撮影方法の役立ち情報もシェアしています♪

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です