忙しいときこそ体を大事に。健康でいるための3つの約束


先日、病気にならない身体をつくる「予防医学」を推進する、横さんのインタビュー撮影をさせてもらった。

インタビューでは、広め人のみさきさんが横さんにたいして健康にかかわる質問を色々し、そばで聞いていた僕も、栄養に関する知識がとても増えました。

今回は本気で自分の体と向き合おうと思ったので、最低限やるべきことをまとめてみました。

自分の体を大事にしようと思った理由とは?

ブロギルのインフルエンサー、ななえもんの旦那さんがうつになったというツイートが流れてきました。

上司がかわって、もともとはとても元気だった旦那さんがうつになってしまったというもの。

実は、僕も10月から異動になって、急激に環境がかわったんです。

ただでさえ、(おかげさまで)副業もお仕事をいただいたり、オンラインサロンに6つ入っていたり、心身ともにオーバーワーク気味だったなかの異動でした。

それでも自分の身体のケアをせず、コンビニ弁当ばかりを食し、睡眠時間も短い。これではうつの予備軍となってしまうのではないかと思ってしまいました。

いまはカメラ活動も順調でとても楽しいし、本業もやりがいがあるのでどうにかして健康なままでいたい。

そう思って3つの約束をすることにしました。

健康のためにする3つの約束

プロテインを飲む

プロテインというのは何かムキムキになりそうとか、太りそうというイメージがありますよね。

しかし、実はプロテインというのは「タンパク質」のことで、人間の体の材料の20%も占める大切なものなのです。身体のプロフェッショナルである横さんのブログでも、タンパク質は骨、血管、内臓、血液、皮膚や髪の毛、ホルモンなども、タンパク質が材料になるとのこと。


また、プロテインだけでなく、ほかにも必要な栄養素はあります。例えば、不足しがちなマルチビタミン、マルチミネラルがそれ。

ビタミン、ミネラルはからだの調子を整えてくれる役割があるのですが、現代においては意識しないとどうしても摂れないので、サプリメントを飲むなどして接種したいと思っています。

横さんが飲んだことない人に向けて、激オススメしているプロテインがこちら。チョコレート風味やカフェオレ風味があって飲みやすい!(Amazonだと10%オフ)

今回は本気です。ぼくはもう買って飲み始めてます。

ストレッチをする

寝るまえはどうしてもスマホをいじりがちで、Twitterにちからをいれている僕はその典型中の典型。

iPhoneユーザーはiOS12にアップデートすると、「設定」>「スクリーンタイム」から、自分のスマホ閲覧時間が見れるようになります。

早速見たところ、会社勤めにもかかわらず、1日平均5時間半もスマホをいじっているようです。完全なるスマホ中毒。

ということで、スマホの時間を少し減らして、ボディメンテナンスに充てようかなと思います。

寝る前にストレッチをすると、リラックス効果があります。スマホをいじったりする交感神経が優位になってしまい、体がやすまない。ストレッチをすることによって、副交感神経優位の状態をつくりたいと思います。

睡眠をとる

大事なことだけど、なかな夜寝るのが苦手・・・

ということで、朝渋にはいりました。朝渋ではグループをつくって、入眠時間、起床時間をみんなで改善していく活動をしています。

自分のアラートに気づいて、自分を助けられるのは周りじゃなくて、自分自身です。今一度、ここで自分の不摂生を認めてあげましょう。

そして3つの約束を守って、いつまでも健康に自分の夢を追いかけていきたいと思います。

この記事を書いた人

名前:まんちゃ(@Ste_1C

ライター兼カメラマン。初めての写真撮影にお手頃、1枚目のカメラマン。

個人ブログ「ハイパ→フリー」運営中!

撮影依頼はTwitterのDMからお待ちしています。撮影方法の役立ち情報もシェアしています♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です