ただの一般人がNo.1ホステスへインタビューできた理由とは?

こんちには、まんちゃ(Ste_1C)です。

先日、No.1ホステスの取材記事を公開したところ、インフルエンサーのRTなどもありたくさんの方に読んでもらえました!

1,000人接客した元No.1ホステスに突撃! 誰でもモテるようになる極意を聞いてみた

記事を読んでいただいた人から

「ホステスの知り合いいるなんてすごいね!」

なんて言ってもらえたりしますが、ホステスの知り合いなんてもちろん1人もいません。笑

では、なぜ僕みたいな夜の世界の住人と縁もゆかりもない少年が、ホステスさんとコンタクトをとることができたのでしょうか?

それは、TIME TICKET(タイムチケット)を利用したからです。

TIME TICKETとは?

TIME TICKETとは・・・

タイムチケットは、あなたの時間をチケットにしてシェアできるサービスです。
発行したチケットは、あなたが承認したゲスト(購入者)が購入することができます。

ホスト(販売者)になってチケットをシェアすることで、ゲスト(購入者)と出会えますし、チケット代金の売上を受け取ることができます。また、売上の一部を指定した寄付先に寄付することができます。

ゲスト(購入者)としてチケットを購入すれば、あなたが気になるホスト(販売者)と一緒に時間を過ごすことができます。出典:TIMETICKET(FAQ):https://www.timeticket.jp/faq

端的に言うと、自分の時間やスキルを売ることができるサービスです。

使い方によっては、普段なら稼げない日曜の空き時間を使ったりして、自分の趣味やスキルでお金を稼ぐことができるサービスなんです。

TIME TICKETの本来の使い方はそんな感じだと思いますが、ぼくは、稼ぐ側ではなくインタビューする対象を探す道具として目をつけました。


実際にTIME TICKETから取材を申し込んでみた

それでは、僕がTIME TICKETからどのように探して、どのようにして取材を申し込んだのか紹介していきます。

まずはスマホから「TIME TICKET」アプリをダウンロードしてログイン。

TIMETICKETにログインするとこんな感じの画面が出てきます。

画面上の検索窓か、あるいは画面下のメニューから「チケットを探す」をクリックして自由なキーワードで探してみると・・・

色々なTICKETがヒットしました。

僕はこの叶さんという方の自己紹介を読んで依頼をすることに!

その後、挨拶や取材可否をメッセージにてやりとりをし、日程調整を終えた後に実際に申し込みと企画書を送付してみました!

そして、当日を迎え、いざインタビュー開始!!

2時間という時間でしたが、事前に企画書を送って考えてきてもらったので、とても良いインタビューをすることができました。

インタビューはすべて録音して再度きいたので製作時間8時間はかかったかな・・・笑

ということで書き上げた渾身の記事がこちら!!!

1,000人接客した元No.1ホステスに突撃! 誰でもモテるようになる極意を聞いてみた

ということで、今回はTIME TICKETの紹介をしましたが、このサービスに限らずSNSで簡単に世界中どこでもアクセスできちゃう世の中。

今や「おもしろい人」に簡単に出会えるチャンスなので、色んな方にインタビューをするのも楽しいかもですね!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です