旅行に行けなくなる5つのリスク! 北朝鮮ミサイル、太陽フレア、さらには…?



こんにちは、旅行だいしゅきなまんちゃです。

ぼくは明日からアメリカとメキシコに行く予定なのですが、本当に行けるのか絶賛ドギマギしてます。

なぜなら、僕って天才なの?ってレベルで、5つの災難に襲われているからです。

というかちょっとリスク多すぎじゃね?

①北朝鮮のミサイル

もうおなじみの北朝鮮のミサイル発射ですね。

ぼくの出発日は9月9日なんですけど、よりによって北朝鮮の建国記念日もこの日なんです。

ただでさえアメリカと緊張関係にある北朝鮮です。祝砲(?)にせよ、この日にミサイルが打ちあがる可能性は非常に高いでしょう。

ちなみに、ぼくは今年の5月のゴールデンウィークに東京からイギリスに富んだのですが、その時もミサイルが発射されて一時、電車全線運転見合わせ状態になりました。

2か月前から計画を立てて、10連休とれたんだ。邪魔されるものか・・・!

②太陽のフレア

なんでこのタイミングやねん

嫌がらせかよ!!!!

太陽のフレアとは、太陽の表面が爆発することで、プラズマなどが地球に届くそうです。

地球は普段「地磁気」という磁場に覆われ、宇宙の放射線から守られております。

しかし、太陽のプラズマが地球に届くと、「磁場嵐」という現象が起こり、その影響で地球の人工衛星や、通信機器などに多大な影響が発生する可能性が出てくるのです。

ちなみにフレアは名前がかっこいいのがむかつきます。

③メキシコの地震

9/8 マグニチュード8規模の地震がメキシコ南部を襲いました。小規模の津波も観測されて日本にも到達するとのこと。

ぼくの滞在先はメキシコシティーなので幸い旅行には影響がなさそうですが、ニュースを聞いたときは驚きました。死亡者は現時点ですでに6名いるなど、被害は拡大しそうです。

④航空会社のリスク

皆さん「あの」ニュースを覚えておりますでしょうか?

そう、まだ記憶に新しいかと思いますが、ユナイテッド航空のダブルブッキングにより、中国人観光客が飛行機に乗れないという事件が発生しました。

航空業界というのは、キャンセルやノーショーを見越して多めにお客さんをとるということがあるそうです。

アメリカの航空会社はダブルブッキングしがちで、特にアジア人はあまり主張をしないと思われているので注意が必要ですね。今回はアメリカン航空で行く予定です!

といっても何も対策打てないんですけど…。

⑤政府機関の閉鎖

アメリカでは予算案が通らないと発生する問題があります。それは政府機関の閉鎖。

空港や国立公園など経済だけでなく、観光にもネガティブな影響が発生してしまします。

日本とは大違いですね・・・。

まとめ

ということで、旅行直前に次から次へと新たな問題が発生し、気が気じゃありません。

せっかくの10連休。政治、自然現象、不運などいろいろな災厄を乗り越えてこその楽しい旅行です。

何事もないようただひたすら祈って今日は眠りにつきます。

(旅行ってそんなに大変だっけ・・・)

 

 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です